気が向いたら更新するかもしれない。


by realmackee7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ギブミーチョコレートについて

昨日はバレンタインデーでしたね。
女の人が男の人に
チョコレートをあげる日(あげなくてもいいですが)

I'll give you my love!

というのは恥ずかしいから

I'll give you a chocolate!

と言ってチョコ(=愛)を渡す。それがバレンタインデーの起源か?

男のほうは

Give me a chocolate!

つまり

Give me your love!

チョコ(=愛)を下さい。というのかな

もう儀式化してるこの日ですが
もとはどんな風にはじまったのだろうかなー。
この風習ができたころのチョコをあげる人、もらった人の気持ちは
もっとドキドキ、ワクワクしていたんだろうか?
していたんだろうなー。

でも、、
愛はモノではない。
仮にモノの形をした愛があるとしても
見返りを求めて与えるものは愛ではない。
だからチョコは愛ではない。

いや、でも

チョコに愛を込めて渡せば
見返りを求めないで渡せば
チョコは愛になるかも・・・・・・。


はい。
どうでもいい問答を繰り返して読者の注意を引こうという魂胆でした。

さて、バレンタインデーをもっとビジネスとして活用するなら
現行のもらったらお返しするという制度よりも
もらってももらわなくても
関係なく
男は意中の人にプレゼントを用意する!してよい!
という風にすればよいんじゃないかな

そうするとつまり、こうなる。

ふん、どうせおれはチョコをもらえないつまらない男だよ
と、ふてくされていた方々は
(俺はもらえなくても愚痴ったりしない。もらえなくても俺からは)君にプレゼントがあるんだ!
と、心の広い、愛にあふれる男をアピールできる!
ああ
これだけで前向きな気持ちになれる人は
どれだけいることか!

そういう風潮を作り出せれば、もうかりまっせ!

このシステムは特許を取りませんので
使いたい方はご自由に。
[PR]
by realmackee7 | 2005-02-16 01:29 | 日記