気が向いたら更新するかもしれない。


by realmackee7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

空腹我慢しきれず走ること風の如し、早春の夜、満月

b0069243_144490.jpg

気分はつぎつぎにかわるものであるから
今日一日さえも振り返るのは難しい。
お、そうだ。今日の帰りは遅かったのだが
えらく腹が減っていた。骨身を削るような空腹感を耐えしのぎ
一時間と半かけて帰ったわけだが、
どうしてこんなにも空腹感と言う物を味わわなければならんのかと
思ったが、そうか。これはきっとあれだな。
アフリカなどの食糧があまり無い国々の人人の気持ちを理解させようと
神様が用意してくれているんだなと気づいた。
よし、もう食べ物は決して粗末にしない。出されたものは残さず食べるのだ。
おおっと。そういえば昨日のケイクバイキングでは2個程もケイクを食べきれずに残してしまったではないか。あのケイク達は、俺が取らなければ、他の誰か(おそらく女子)の胃袋に収まったはずだったのだ。しかし実際はあの残ったケイクはゴミ箱にぽいだ。ああ、昨日の俺の行動はそのまま自分に返ってきたのだよ。
そして、駅から家まで、我慢しきれずに、疾風のごとく、韋駄天も真っ青な速さで走り、帰った。
ら、なんということでしょう。ステーキが待っていました。
うまー!(なんて実のある食事だこと)
今日も神様に感謝いたします。そして牛と、付け合せのにんにく、えりんぎにも。その生産者の方にも。
[PR]
by realmackee7 | 2005-03-27 01:44 | 日記